デンタル日記

歯医者で作ってくれないからAmazonでマウスピースを買ってみた

マウスピースについて

\4980円の電動歯ブラシが無料/

/ひと月330円のサブスク\

歯医者で作ってくれないからAmazonでマウスピースを買ってみた

歯ぎしりと噛みしめの危険性について以前このデンタル日記で書かせてもらったのですが、僕はいまだに寝ている間の無意識の歯ぎしりに恐れをもっています。

歯ぎしりや噛みしめは歯が折れたり歯周病を悪化させたりと、とにかくいいことがありません。

僕は歯医者に行った時に噛みしめや歯ぎしりの傾向が見られると言われて、歯が折れたりすると抜歯しなくてはいけなくなると言われ、マウスピースを作ることをすすめられました。

「ぜひマウスピースを作ってほしい」とその場で答えて、普段の噛みしめなどを意識してしないようにしてこれまで過ごしてきました。

ただ寝てる時の歯ぎしりに関しては、意識がないので気をつけようがありません。

歯ぎしりで歯が折れるんじゃないかと毎晩ヒヤヒヤしながら寝るわけで、心なしか熟睡もできなくなっている気がしていました。

「早くマウスピースを作ってくれないかな」と歯医者に行くたびに思うのですが、まったくそんな雰囲気はありません。

もはや歯医者はマウスピースをつくることを忘れてるんじゃないか…

もともと歯の治療が終わってからマウスピースを作る話をされていたのですが、一向に歯の治療が終わる気配がありません。

ストレスを溜めたくないので「たぶん僕の治療は一生終わらないんだろうな。養分なのかな」と思うようにしているぐらいです。

治療に関してはこっちは素人なのでまだいいとして、問題はマウスピースです。

「歯の治療が終わってから」と言われてるにしてもその間に歯ぎしりが原因で歯が折れても責任はきっと取ってくれないでしょう。

しかも以前歯科衛生士さんがポロッと「マウスピースは上のはにつけるから作ろうと思えば」的なことも言っていたのです。

僕が治療している歯は下の歯なんです。

闇を感じます…。

しかももはやマウスピースのことが話題に出ることは一切なくなりました。

そこで僕はいつまで経ってもマウスピースを作ってくれないなら、とりあえず簡易的なものでいいから自分でなんとかしようと考えたのです。

歯医者を替えればいいじゃんと思っている人が多いと思いますが、ここの歯医者の僕の担当の歯科衛生士さんがとってもいいんです。

言うことを素直に聞けるような感じの人で、実際に前よりも歯磨き頑張るようになったんですよね。

\4980円の電動歯ブラシが無料/

/ひと月330円のサブスク\

Amazonでマウスピースを購入してみた

本来は歯医者でマウスピースを作ってもらうのが間違いなくいいのですが、僕のように待てど暮せど作ってもらえない場合は自分でマウスピースを用意するのもありかと思います。

Amazonでマウスピースで検索するとかなりたくさんの種類が出てきます。

Amazonでは本当にたくさんのマウスピースが出てくるので、「早く自分Amazonで買えばよかった」と思いました。

ちなみに僕が購入したマウスピースはこちら。

「やすっ!!」って感じですよね。

初めて使うので「果たして市販のマウスピースでどれだけケアできるのだろうか…」という不安もあったので、最初は安いマウスピースにしてみました。

Amazonで買ったマウスピースを使ってみた結果…

Amazonで安価なマウスピースを使ってみた結果…

かなりいい感じです。

しっかりフィットしまする感じだし、寝る時も気になって寝れないということもありません。

なにより「これで歯ぎしりで歯が折れる可能性を少しでも低くしている」という安心感で、使用してない時より熟睡できてる気がします。

歯医者でマウスピースを作る時が来たら、お願いして作るつもりではありますが、とりあえずはAmazonで買った自作のマウスピースで充分だなと思っています。

ちなみにマウスピースはお湯でやわらかくして自分の歯型に合わせる必要があります。

説明書通りにやれば問題ないのですが、僕は何度かやり直してしっくり来る感じになりました。

「寝てる間に歯ぎしりしてるかもしれない…」と不安な方は、とりあえずAmazonでマウスピースを作るのもありだと思います。

でも1番は歯医者にちゃんと行くことです。

-デンタル日記